無趣味

 

 

 上記の2つの絵を買った。

Banksy展に行ってから、ずっとBanksyの絵を飾りたかったのだ。

なんともカラフルで可愛い絵だ。

部屋は青と白と焦げ茶で統一していたものが、一気に崩れ去った。

けれどもなんとも僕らしい部屋になった。

 

僕には趣味がない。なので毎回趣味を聞かれると返答に困る。

時折々に興味のあることはあるのだが、時期がすぎると、別のものに興味が移っている。

熱しやすく冷めやすいタイプなのだ。

一時期は美術館に行くのが好きだった。絵画も歴史も全くの無知だが。

これなんか好きだな、と思った絵の前に立ち、音声ガイドを聞く。それだけで理解できなければ、スマホで絵の題名を検索をする。

その話をすると、「なんで?何が良いの?」や「ぶってる。」と言われた。

自転車にハマっていたときは、「お盆休みの初日に、朝から大阪から京都の友達の家まで、自転車で行きました。」と言うと、「なんのために?」と言われた。

深夜の公園でバスケしています。「一人で?寂しい、どこ目指してんの?」と言われる。

どうやら、周りが納得できる理由がないと趣味にならないらしい。

それから趣味を聞かれると、手垢がベトベトの映画鑑賞と言うようにした。

そうすると大概「ふつう~」と言われた。

けど一つわかったことがある、こうやって人の趣味にとやかく言ってくるやつは、

大概大人数の飲み会で悪口言って。ストレス発散しているやつだ。

そういやつを無視して、深夜の公園でシュートが決まるとスッキリする。

 

けれどやっぱり何か趣味と言えるものを作りたい。

趣味の定義として"興味→好き→ハマる→趣味"だと思っている。

なのでまずは興味のあることから始めてみた。

アメフトに興味があった。NFLの試合をYoutubeでみてから、ハマり、

アメフトをやろうと思った。アメフトのボールを買い、一人公園に向かった。

ボールを投げ、自分で取りに行くことを繰り返した。

「これ、自分が動物園の檻の中に飼育されたとしても、やらないな」と思い。辞めた。

次に、絵画に挑戦した。キャンパスと絵の具を持ち、また公園に向かった。

描けそうなスペースを発見し、ベンチに腰を掛け、絵を書き始めた。

自分の絵のセンスにびっくりした。けれど、アートとは見る人によって捉え方が違うものだ。そう思い友人に写真を送って見せた。友人からの返信は「ごめん、よくわからん。」

数人から同じ内容が来た。辞めた。

 

そもそも本当に趣味なんて必要なのか。

趣味は時間のある老人の楽しみだ。

若者は楽しんだ挙げ句、趣味にはせず自然にそれを極めようとするのではないか?

と思った。そうかなら僕は趣味がなくて良いんだ。

 

あれ?ちょっと待て、僕は何も極めてないぞ、プロではないぞ。

かくして僕の思考は振り出しに戻った。

今週末僕は"興味→好き"という領域に達している、スノボーに行く。