影響を受けたNBA選手

 

何気なくTVを見ていた。面白い番組がないかと、チャネリングをしていた。

すると何気なく選んだBSの番組で黄色ユニフォームを着た選手がボールを高らかに上げる瞬間だった。何気なくつけたテレビに心が動かされるとは思っていなかった。

そのテレビの瞬間はレイカーズvsセルティックス2010年のNBAファイナル第7戦だった。

今でもその瞬間を覚えている。

高らかに上がったボールを走って追いかける選手。

そのボールを掴み、喜びを噛み締めていた。

優勝の瞬間だけしか見てないと言うのに、テレビの前で立ち尽くしていた。

それほどまでに黄色いユニフォームを着てボールを抱えて涙する選手は輝いて見えた。

 

その時からバスケを初めてはいたが、NBAに興味はなかった。

しかし、ちょうど優勝の瞬間見たというところに僕は運命を感じた。

 

後に、その選手が"コービーブライアント"というNBAのレジェンドだったと知る。

そのまま僕はコービーに憧れた。

 

彼のバスケに対する熱量や、"レイカーズ"一筋という思いは、

熱しやすく冷めやすいタイプの僕の心に凄まじい衝撃が走ったのを覚えている。

彼のハイライトプレーや試合動画を何度も見直し、彼のプレーを真似していた。

彼は僕にとって、先生だった。

彼は引退をしても偉大なプレイヤーだった。

何度も試合に足を運び、現役選手にアドバイスをする。

 

そんな中、バスケ界、いや世界中に衝撃と悲しみが走った。

コービーのヘリコプターでの死亡事故だった。

彼のニュースはまたたく間に世界を駆け巡り、

遠い島国日本にいる、僕の耳にまで入った、

自分に関係する人(身内や親戚)以外の人の死ではどこか他人顔だった僕が

実際に会ったこともない人の死でこんなにも心が凹むとは思わなかった。

彼のニュースを見てから、何をしていても彼のことを考えていた。

これほどまでに、僕の人生に彼が大きな影響を及ぼしていたとは

自分でも気づかなかった。

彼は今でも僕のヒーロであり、先生であり、影響を受けた選手の一人である。

 

R.I.P Kobe Bryant